梅雨どきの食養生&暮らしを心地よくするヒント

yoga space turiya blog 梅雨 食養生 暮らし方 

ふと見上げた空に、モクモクと夏雲が見え、夏の暑さを感じるような日々。

日本では、本格的な夏の前に、梅雨がやってきます。

梅の実が熟す頃の長雨。

夏に向けて、梅シロップや梅酒、梅干しなどの梅仕事も楽しい季節ですね。

とはいえ、6月に入って衣替えをしたら、建物や電車など街中は一気に冷房シーズンに突入します。

長雨による湿度の高さや、冷房による冷えによって、カラダは水分を溜め込みやすく、むくみや重だるさ、胃腸の不調を感じる方も多いのでは?

そこで、今日は梅雨どきの食養生と暮らし方をご紹介しますね。

梅雨どきにお勧めの食材

①カラダに溜まった水分を取り除き、むくみをとる食材

西瓜や冬瓜、胡瓜などの瓜科の食物

小豆・緑豆・空豆・スナップエンドウなどの豆類 もやし

ハト麦・大麦・とうもろこし

アスパラガス・セロリ・独活

浅蜊・海苔・昆布など海産物

②薬味類

紫蘇 茗荷 パセリ セロリ コリアンダー 

yoga space turiya blog 梅雨 暮らし方 食養生 リラックス 

③カラダを温めて汗から発散させるもの

ネギ 生姜 

①の食材は、瓜科の食材などが含まれているように、カラダを冷やす作用が強い性質を持つものがあります。

その場合は、②や③でご紹介した薬味やスパイスなどを使って、その作用を中和するといいですよ。

例えば、この時期、生姜をサッと炒めたら、ワカメも炒めて、小口切りのセロリと小さめに切ったトマトを加えて、昆布出汁などでスープにしたり、冬瓜を使ったスープなどもお勧め。

スープにすると、冷房などで冷えがちな内臓やカラダの内側も温められます。

そして、食欲が無い時も食べやすく、ハト麦を加えたら、軽い食事にもなりそうですね。

梅雨どきの心地よい暮らし

雨に降られると、外に出かけるのが億劫になって、家にこもりがち。

気持ちもなんだか重くなって、イライラしたり、ソワソワしたり。

yogaspaceturiyablog 梅雨 丁寧な暮らし方 リラックス

そんな時は、梅仕事をしたり、茗荷や紫蘇をたっぷり使う薬味味噌や、夏野菜のピクルスを作ったり・・・

暑い夏に向けて、家の中を設たり、ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょう?

ガラスの器に、葉物などのグリーンだけを活けてみたり

ミント系やシトラス系、ローズマリーやユーカリ、ティーツリーなどのアロマオイルを焚いてみたり

小さなキャンドルを灯すのもお勧めですよ。

そして、ぜひこの時期も、お風呂に入って、カラダを温めてくださいね。

yoga space turiya blog 梅雨 バスタイム 丁寧な暮らし リラックス

カラダを温めて、巡りを良くして、心臓の働きを整えたり、ただただお湯に浮かんでいるだけでリラックスもできます。

38℃~40℃くらいのぬるめのお湯に、お気に入りの香りの入浴剤を入れて、ゆったりと過ごしてくださいね。

お風呂上がりに、足裏やふくらはぎなどをマッサージして、さらにリラックス効果を高めたり、1日を振り返って感謝ノートやほめほめノートを書いたりもいいですね。

雨がしとしと続く梅雨。
外に出かけずに、おうちで過ごすからこそ、贅沢に、自分のためのメンテナンス時間を作ってあげましょう。

そして、当Spaceのヨーガセッションは、そんなメンテナンスにピッタリ。

カラダをじっくりとほぐして整えるリラックスヨガ
カラダとこころを積極的におやすみモードにスローダウンするリストラティブヨガや
あたまとこころのデトックス~誘導瞑想のヨーガ二ドラを組み合わせて
ご自分のための時間を過ごしてみませんか?

プライベート・セミプライベートセッションのための小さな空間で、こころから寛いでお過ごしください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。